トップページ の中の
事業内容 の中の
より良い地域づくりのために

より良い地域づくりのために

イラスト 子どもから高齢者まで、障害のある人もない人も、誰もがその地域で、いきいきと自立した生活を送れることを目指し、地域における様々なサービスや活動を組み合わせて、共に支え合い・助け合う社会づくりを目指します。

第二次牧之原市地域福祉計画・地域福祉活動計画

牧之原市社会福祉協議会では、市との共同により、高齢者から障がいのある人などをはじめ、地域で生活しているすべての人が、共に支えあい、安心して幸せな、自立した生活が送れるよう、平成26年度から平成30年度までの5か年計画として、第2次牧之原市地域福祉計画・地域福祉活動計画を策定しました。

地区社協活動

photo 地区社協は、私たちの日常生活の場により密着した小地域で活動する住民福祉組織です。
地域住民の参加と協力により、私たちの身の周りに起きている生活上の様々な問題や地域の課題について協議し、各種の組織が協力体制を取りながら問題解決のための活動を推進していく「住民の自治組織」です。

【なぜ必要なのか】
地域には多種多様な課題が存在しますが、公的なサービスだけでは全て解決はできません。また一人でできることにも限りがあります。そのため、自分たちが住んでいる地域の生活・福祉課題や困りごとを、自分たち自身の問題と受け止め、解決に向けて協議する場(地元住民主体の活動組織団体)が必要となります。
【構成・メンバー】
地区社協は、地域内の福祉関係団体等を中心とした、様々な分野の団体や住民の皆さんにより構成されています。また、地区社協は地域づくりに関心がある方、何か地域の役に立ちたいと思っている方等、どなたでも気軽に活動に参加していただくことができます。
【設置状況】
榛原地区6ヶ所(静波地区、細江地区、川崎地区、勝間田地区、牧之原地区、坂部地区)

ふれあい・いきいきサロン

ふれあい・いきいきサロン 身近な住民同士の『仲間づくり』や『出会いの場づくり』を進める活動です。
身近な地域で暮らす住民同士が集まって“おしゃべり”などを楽しみながら、友達・仲間の幅を広げていく。そんな定期的な交流を通して、一人ひとりの『自分らしさ・生きがい』など、心豊かな暮らしを“お互いに応援しあっていく”それがサロン活動です。
社協は、そんな活動を応援します。

【どんなことをしているの?】
茶話会が中心ですが、サロンによって様々です。
(例:誕生日会、食事会、健康体操、おしゃべり、小物作り、輪なげ等の簡単なゲームなど)
【開催時期】
参加者で集まれる日を決め、定期的に開催しています。
【開催場所】
参加者が歩いて集まれる場所、公民館や集会所、個人宅など身近で安心な場所で開催しています。
【対象者】
高齢者や子育て中の方、対象者を定めずに実施しているサロンもあります。
【開催状況】
相良地区 24サロン
榛原地区 16サロン
※詳しくは実施状況一覧をご覧下さい。(PDFファイルが開きます)
【ふれあい・いきいきサロン通信】
牧之原市社会福祉協議会ではサロン活動の様子を紹介する「ふれあい・いきいきサロン通信」を発行しています。
【相・福 いきいき便り】
相良・福岡いきいきクラブではサロン活動の様子を紹介する「相・福 いきいき便り」を発行しています。

ふれあい広場

ふれあい広場 牧之原市の保健と福祉の拠点を活かし、子どもや高齢者、障がい者等、住民の誰もが参加し、ふれあいを楽しむことができる「ふれあい広場」を目的に開催しています。

【開催時期】
毎年10月の第1日曜日
【開催場所】
牧之原市総合健康福祉センターさざんか(※24年度)
【開催内容】
各種イベントや催事を予定しています。

社会福祉大会

社会福祉大会 多年にわたり社会福祉事業に功労のあった方や社会福祉活動に対して感謝の意を表すると共に、市民参加の福祉のまちづくりを推進することを目的に隔年で開催しています。

【開催時期】
2年に1回2月(土曜日)
【開催場所】
牧之原市相良総合センターい~ら

マイクロバスの貸し出し

photo 牧之原市社会福祉協議会はマイクロバスを1台保有しており、
本会が行う福祉事業や各事業での使用を中心に多くの方々がご使用されています。
また、お年寄りの方や障がいを持つ方などの市内福祉団体等への貸出を行い、自主的に福祉活動を行う団体をサポートしています。
運転手は本会の職員で、マイクロバスは相良総合センターい~らで保管しています。

マイクロバスの貸し出しについて詳しくはこちら

【お問い合せ】
相良事務所【電話】0548-52-3500
榛原事務所【電話】0548-22-5187

このページの先頭へ