トップページ の中の
事業内容 の中の
ボランティアをしたい方に

ボランティアをしたい方に

イラスト 「ボランティア」とは自分の意思で行う自発的かつ報酬を期待しない善意の活動です。
牧之原社協では誰もが豊かに、安心して暮らせる社会を目指して、皆さんの力でボランティア活動の輪・和を広げていく活動をしています。
ボランティア活動に興味はあるけど、参加の仕方が分からない、もう少し詳しく知りたいという方はお問合せください。

はじめてのボランティア

はじめてのボランティア ボランティアと聞くと特別な活動で専門的な技術が必要と思っているかもしれませんが、活動の内容もさまざまで子どもから高齢者まで誰でも参加することができます。
また、自分の生活スタイルに合わせながらボランティア活動に取り組むことができ無理をすることなく気軽にボランティア活動ができます。
活動を通して、人間愛や共に生きることの大切さを感じることができると思います。
「いつでも」「どこでも」「だれとでも」をテーマに、
できることから、少しずつはじめてみませんか?

【ボランティアの4大原則】
  • 自主性・主体性
    ボランティア活動は「自由意思」に基づいた自主的・主体的な活動です。他人から指示されたり、強制されて行う活動ではありません。自分自身の考えによって始める活動です。
  • 社会性・連体制
    ボランティアを活用する人や一緒になって活動する仲間などとの協力、支えい合いなど力を合わせて行動することが大切です。
  • 無償性・無給性
    ボランティア活動は金銭的な見返り・利益を求め得る活動ではなく、達成感、生きがい、やりがい、新たな出会いなど、精神的な満足感が得られる活動であります。(交通費や食費などの実費弁償については無償の範囲としています)
  • 創造性・開拓性
    ボランティア活動をするうえで、「今、何をすべきか」と常に考え、自分から行動することが大切です。豊かな発想と考えを持つことで自分らしいボランティアを見つけだすことができます。
【ボランティアの約束】
活動中は一人ひとりきまりを守ることによって、みんなが気持ちよくボランティアすることができます。必ず約束は守りましょう。
  • 休む時には必ず連絡を入れる。
  • 遅刻はしない。
  • あいさつはしっかりする。
  • 約束したことは守る。
  • わからないことは聞く。
  • 体調の悪い時は無理をしない。
  • できることは進んでやる。
【どんな活動があるのかな?】
ボランティアは内容も活動も様々です。
活動する前にまずボランティアの種類を確認し、自分ができそうなボランティアを探してみませんか?
  • お家でできるボランティア
    ・エコキャップ、古切手、書き損じハガキなどの収集活動。
    ・ひとり暮らし高齢者への給食サービスに添えるメッセージ、折り紙製作活動。
  • 高齢者の方を支えるボランティア
    ・ひとり暮らし高齢者給食サービスのお弁当を調理・配食する活動
    ・高齢者の話し相手や簡単な介助(移動や入浴後の手伝い)活動
    ・行事(外出先など)での介助活動
    ・学習・技術・レクリエーションなどの指導(絵はがき・計算問題など)
  • 地域に向けたボランティア
    ・子どもたちに伝統的な文化・芸能・工芸などを指導する活動
    ・イベントでのお手伝い(準備・受付・運営など)
    ・幼児のお世話活動
    ・清掃奉仕活動
    ・募金活動

地域ボランティアを紹介します

「いろんな人とお話をしたり、地域と関わりを深めたい方・・・」そんなあなたへ地域ボランティアを紹介します。
また、ボランティア活動したいけれど、「時間がない…交通手段が・・・」という方にも気軽にできるボランティアです。

詳しくはこちらをご覧ください。(※PDFファイルが開きます。)

ボランティア連絡会

みんなの描く福祉作品コンクール 牧之原市ボランティア連絡会は、ボランティア活動の活性化や活動の幅を広げるため、ボランティア交流会やボランティア講座などを開催しています。




ボランティア活動保険

ボランティア活動中、「ケガをしてしまった…何かを壊してしまった…」という方、そんな時のために備えてボランティア活動保険への加入をお勧めします。
ボランティア活動保険はさまざまな事故によるケガや損害賠償責任を補償いたします。

【加入できる方】
ボランティア個人またはボランティアグループ、特定非営利活動法人(NPO法人)またはその所属のボランティア
【対象となるボランティア活動】
日本国内における「自発的な意思により他人や社会に貢献する無償のボランティア活動」で、次の①から③までのいずれかに該当する活動。
①グループの会則に則り企画、立案された活動であること。(グループが社会福祉協議会に登録されていることが必要です)
②社会福祉協議会に届け出た活動であること。
③社会福祉協議会に委嘱された活動であること。
【補償内容】
  • ・ボランティア活動中、ケガをして通院した。
  • ・ボランティア活動に向かう途中、交通事故にあった。
  • ・活動中、誤って相手にケガをさせた。
  • ・活動中、誤って物を破損させてしまった。・・・ など
【掛け金】
※年間保険料
プラン 基本タイプ 天災タイプ 
Aプラン 350円 500円
Bプラン 510円 710円
【補償期間】
平成29年4月1日午前0:00から平成30年3月31日午後12:00まで
※中途加入の場合は、加入申込手続き完了日の翌日午前0時から平成30年3月31日午後12:00までとなります。
【申込方法】
社会福祉協議会窓口にて「ボランティア活動保険加入申込書」「牧之原市ボランティア登録票(個人用・団体用)」に記入をし、
申し込みをしてください。
※「牧之原市ボランティア登録票(個人用・団体用)」につきましては、下記からダウンロードできます。(※PDFファイルが開きます。)

牧之原市ボランティア登録票 個人用
牧之原市ボランティア登録票 団体用
【お問い合せ】
牧之原市社会福祉協議会(相良事務所)【電話】0548-52-3500 
           (榛原事務所)【電話】0548-22-5187

ボランティアのひろば

牧之原市社会福祉協議会ではボランティアに関する情報誌「ボランティアのひろば」を発行しています。

【ボランティアのひろば】

ボランティアQ&A

はじめてのボランティア
ボランティア活動は、自主的・自発的な活動であるからこそ、無理なく、良い人間関係のもと、長く続けたいものです。
そこで、ボランティア活動を行う上でのちょっとした約束ごとをご紹介します。

【ボランティア活動時に気を付けることは?】
・家族や周囲の理解を得ましょう
ボランティア活動は個人の自主的な活動ではありますが、家族・周囲の人達に理解を得ておきましょう。特に家族の理解は不可欠で、きっとあなたの良きサポーターになってくれるはずです。
・相手の立場を考えて行動しましょう
ボランティア活動ではいろんな人と関わりを持つ機会が多いです。お互いよりよく活動をするために一方的な行動をしないように気をつけましょう。
・約束・プライバシーは堅く守りましょう
多くの人と関わりを持つわけですから、活動上の約束ごとは必ず守らなければなりません。また活動上知り得たプライバシーは絶対に他言してはなりません。
・無理をしない
ボランティア活動を長く続けるためにも、無理は禁物です。常に時間的・精神的・肉体的余裕を持って活動する必要があります。
【ボランティア活動中にケガをしてしまった・相手にケガを負わせてしまった時どうすればいい?】
ボランティア活動をする上で何らかの事故が起こることもあり得ます。
そこで、全国社会福祉協議会などではボランティア活動に関する保険を用意しています。
※ボランティア活動保険についてはこちらをご覧下さい。
【ボランティア活動を始めたいのですが?】】
まずは牧之原市社会福祉協議会へお気軽にご相談下さい。
【お問い合せ】
牧之原市社会福祉協議会(相良事務所)【電話】0548-52-3500
           (榛原事務所)【電話】0548-22-5187
【ボランティア活動を始めるために】
・活動の動機は何かな?
・興味や関心のある活動は何かな?
・活動する曜日・時間帯はいつかな?
・活動する頻度はどのくらいかな?
・活動する場所はどこかな?

このページの先頭へ